窓の結露をなんとかしたい

冬場になると窓ガラスが結露して困っているご家庭も多いと思います。
結露が起こるとさまざまな問題が発生しやすくなります。

まず、結露した窓ガラスから水滴が垂れて、家の床や壁が腐ったり劣化します。
さらにカビが発生しカビ臭を放ったり、菌が蔓延してアレルギーの原因にもなります。
結露は百害あって一理なしと言っても過言ではないのです。

結露はどうして起こるのか

そんな結露、どうして起こるのでしょうか?
結露の原因ですが、私たちの吸っている空気には目に見えない水蒸気が含まれています。
この水蒸気を空気中に含むことのできる量は気温によって違いがあり、気温が高ければ高いほど水蒸気を含むことができます。
ここがポイントです。温かい空気が急激に冷やされたらどうなるでしょうか?
答えは空気中に含むことのできる水蒸気の量が減って、余った水蒸気が出てしまうのです。

冬の窓は外側が外気で冷やされています。逆に室内は暖房などで温められています。このとき、温かい空気が窓ガラスにあたると一気に冷されて余った水蒸気が水滴として窓につくのです。

ちなみに結露の原因からもわかるように、結露が起こるのは冬場に限らず、梅雨の時期や湿気の多い場所で寒暖差が起こると発生しやすくなります。

結露を防止するガラスがあります

寒さが厳しくなると思い出す、厄介な窓の結露。
ビショビショに濡れてしまった窓は不衛生、且つ見た目にもイマイチ感が漂います。

「濡れたら拭く」は今すぐに実行できる対策ではありますが、朝・夜と度重なると主婦の負担も大幅にアップ。
窓の結露を防ぐ良い方法はないものでしょうか。

それには、窓ガラスを見直すことが一番の近道なのです!

結露対策に相応しい窓ガラスというのがいくつかあります。

例えば、断熱ガラス。
外気温と室温の差が結露を生み出すので、それ自体を防ぐ断熱ガラスには、結露を出来難くする最適な対策といえるでしょう。

また、2枚のガラスを用いて、間に真空部分を設ける真空ガラスというものもあります。
この場合、真空部分を挟む為に外気温と室温が干渉しないので、結露が防げるという仕組みです。

これらのガラスを採用するだけで、冬の煩わしい結露とは決別できるようなります。
また、結露が発生してしまう環境とは、せっかくの暖房効果が生かしきれていない状態だということ。
「結露が出来ない室内=温かい室内」と覚えておきましょう。

更に結露をそのままにしておくとカビの温床となり、特に小さなお子さんやアレルギー体質のご家族がいる場合は好ましくありません。
結露対策を施すということは、家族みんながもっと快適に、もっと健やかに過ごす為の保証でもあるのです。

窓にカビが生えてしまった時は

窓は室内と外気との温度差が大きく、結露で水が溜まりカビが発生しやすい場所です。
特に冬や露の時期には要注意で、接しているカーテンなどにもカビが繁殖して、カビの胞子が鼻炎やアレルギーの原因になってしまいます。

窓ガラスについたカビは水拭きをするだけでも取ることが可能です。
さらに掃除用の中性洗剤を吹き付けたり、水に含ませたものを雑巾で濡らして拭くだけで綺麗になります。
仕上げに消毒用のアルコールをスプレーしたり、布に含ませてふき取りするといいでしょう。

頑固なのがサッシのカビです。
特にレール部分のカビを取るのは重労働ですが、綺麗に取り除かなければそこからまたカビが繁殖してしまいますので、窓の掃除をする時にはガラスもサッシも全体を一気に掃除することをおすすめします。

まずは土埃などを隙間ノズルのついた掃除機などで吸い取ったり、歯ブラシなどで浮かせて溜まった汚れを取ります。
その後に濡らした布を巻いた割り箸で綺麗にカビを拭き取り掃除してから、消毒用アルコールをスプレーをして、カビを滅菌します。
木枠のカビも同様に消毒用スプレーを吹きかけて滅菌した後に、乾いた雑巾で拭き取りをします。

この方法で綺麗にならない頑固なカビには、塩素系漂白剤が有効です。
周辺に漂白剤が零れないように新聞紙などでガードをした後に、カビにスプレーをします。しばらく置いた後に水拭きをすると驚くほど綺麗にカビを取る事が可能です。