防犯ガラスで安心な家に

防犯ガラスの必要性

最近の世の中は犯罪も増えてきて、住宅の中は安全といった状況でもなくなってきています。
昔であれば窓の鍵を閉めない家もたくさんありましたが、今では窓の戸締りは絶対にしておかなくては無用心です。

しかも窓の戸締りをしただけでは、防犯対策が十分とはいえないのが現在の世の中です。

たとえば、リビングの吐き出し窓や腰高窓などのガラスをバールで打ち破ったり、ドライバーなどでこじ破ったりして住宅に侵入するという侵入手段が多発しているのが現状です。
このような侵入手段に対しては、自宅の窓ガラスの防犯性能を向上させるのが最も効果的で、そのためには防犯ガラスが効果を発揮するといえます。

防犯ガラスは通常のガラスと異なり、2枚のガラスの間に強靱な厚いポリカーボネート板などを挟み込んで作られています。これはこじ破りなどにも高い抵抗力を持っています。
泥棒などが侵入しようとして、ガラスを壊しにかかってもなかなか破れないので、侵入をあきらめてしまう場合がほとんどです。

最近は共働きの世帯も増えていて、家を不在にする時間が非常に長くなってきています。
現代社会の生活スタイルとしては、防犯ガラスを使用することが家の安全を守るためにはとてもお勧めだといえます。

防犯ガラスを導入する際のポイント

最近の空き巣などの犯罪は、ガラスを破って侵入してくる方法が大変に多くなっています。
犯罪を未然に防ぐためには防犯ガラスの導入が必要となってきています。

防犯ガラスとは、板ガラスの業界団体である「板硝子協会」が定めた防犯基準を満たしているもののことを言います。

防犯ガラスは、2枚のガラスの間に非常に強い特殊な樹脂膜をはさみこんで圧着させる事で、ガラス破りの犯罪を防ぐ役割を果たします。
ドライバーなどでガラスを割ったとしても、穴が大きくなりにくく、非常に時間がかかるのです。

各社から出ている防犯ガラスですが、基本的なグレードはほぼ同じです。
選び方のポイントとしては、防犯ガラスに貼られる防犯ステッカーのデザインの好みや、お見舞金制度(防犯ガラスを入れた窓が万一被害にあった時に被害内容に応じて支払されるもの、限度額あり。)などを考慮にいれると良いでしょう。

今使っているガラスが複層タイプかそうでないかによって、サッシの厚さの関係もあるので選ぶガラスも変わってきます。
インターネットなどでも比較できますが、不安な場合は専門の業者に相談に乗ってもらうのも良いでしょう。

また、導入するのが家庭の場合は、在宅率や窓の大きさなども考えて空き巣から狙われやすいかどうか、どの窓に導入すれば良いのかを検討するようにしましょう。

防犯の意識を忘れずに

昔なら鍵をピッキングして家に侵入する空き巣も多かったですが、今は空き巣の大部分が、窓などのガラス破りで侵入しています。
こういった空き巣に対しての防犯対策となると、やはり一番は防犯ガラスです。

防犯ガラスとは、ペアガラスの中間層に強力な中間膜や特殊板が入っているガラスのことで、工具を使ったこじ開けや打ち破りに強い効果を発揮します。
さらには、たとえガラスを破壊したとしても大きな音が鳴る仕組みなので、かなり防犯性は強力です。

ただし、防犯ガラスを取り付けたからといって安心するのは早計です。
何故なら、防犯ガラスを取り付けることで気が緩んでしまう人が多いからです。

防犯ガラスを取り付けしたとしても、鍵を掛けていなければ意味がありませんし、防犯ガラスの前にお財布などが見えていたら空き巣は多少強引にでも狙ってきます。
だから、防犯ガラスを取り付けたあとも気を緩めないことが重要なのです。

ちなみに防犯ガラスを取り付けていない家より、防犯ガラスを取り付けている家のほうが空き巣が狙いにくいのは当然です。
基本的に空き巣の抑止効果は一定にあるので、取り付けておいたほうがベターです。