窓に気泡緩衝材(プチプチ)を貼る防寒対策

防寒対策がされていない窓の危険性

家の中にたくさん設置されている窓ですが、この窓が時には健康に大きく左右する影響を与えることがあるため注意が必要です。

とくに窓に注意しなければいけないのが冬場で、防寒対策がなされていない窓は健康にも悪影響だといえます。

まず、性能の悪い窓がついていると、窓際に近寄ってみると窓から冷気が伝わってくるのがわかります。
暖房をつけていても窓際に行くと寒気がする場合があります。窓から熱がどんどんと逃げていってしまうので、なかなか部屋の中も温まらずに、暖房費もバカになりません。

更に気をつけないといけないのが結露の問題です。
防寒対策をしていない窓は、窓一面に結露、つまりは水滴がつくことがよくあります。
これをふき取らずに放置していると、床に水滴が滴り落ちて、床の木が腐敗したり、さらにはカビが発生して健康を損なってしまうことさえあります。

結露は部屋の温度が高ければ高いほど起こるので、部屋が暖まらないからと暖房の設定温度を高くすると更に結露がひどくなるという悪循環がおこってしまいます。

さらに、寝ている時などにも冷気は下のほうへ落ちてくるので、布団で寝ていたりすると暖房の暖かさが伝わらず、底冷えしてしまい、体調を崩してしまう場合さえあります。

このように防寒対策がなされていない窓には、人の健康を損なってしまう危険性さえあるといえます。

気泡緩衝材を貼るメリットとは

冬場の窓から入ってくる冷気や結露に悩まされている家庭は非常に多いと言えます。
そんな家庭で最近利用されているのが、窓に気泡緩衝材、俗にプチプチと呼ばれる空気が入った粒粒がたくさん着いたシートを窓に張る方法です。

プチプチを窓ガラスに貼る事で、ガラス表面の空気の触れる面を少なくして、結露を少し和らげる事を目的とされています。
このシートは結露を防止するというよりも、体感的に感じる冷気が少なくなるといえます。

窓ガラス単体の状態であれば、コールドドラフト現象で冷気の下降気流が発生し、窓からの寒さを感じてしまいます。
しかし気泡緩衝材を貼ることによって、室内側の窓ガラス面の温度が緩和されるので、寒さを感じる割合が軽減されるといえます。
ガラスと室内の空気との間に、気泡の中間層が出来るイメージといえます。

結露に関しても、ガラス単体の状態よりは結露を防止する効果は期待できますが、結露の発生する量にもよります。
結露がわずかに発生するような場所であれば、シートを利用することで結露を防止できる場合があります。

また、夏場においてもプチプチのシートに含まれる空気層が、断熱ガラスの中間層に含まれる空気のような働きをして熱の移動を抑える働きをするので、暑い熱を室内に流入させない効果も期待することが出来ます。

気泡緩衝材の貼り方

窓に気泡緩衝材を貼る事が、省エネや減熱などの効果があり利用されていますが、この気泡緩衝材は張り方によって大きく効果が変わってきます。
張り方を工夫する事で、その本来の効果を効率よく得る事が出来ます。

両面テープを使用して窓に直接貼り付けるタイプの物や、水の張力を利用した水貼りタイプがありますが、窓ガラスではなく窓全体に貼り付ける方法があります。

窓全体を覆うように貼り付けることで、窓と気泡緩衝材の間にも空気の層が生まれ、それで寒さが伝わりにくくなり防寒効果が期待できます。
直接貼り付けると空気の層は気泡緩衝材のプチプチ部分だけになりますが、この方法ならしっかり空気の層を確保し、さらに全体を覆っているため隙間風も防ぐことができます。

貼り方としては、剥離可能な両面テープを窓枠の四隅に貼り付けます。窓の汚れなどは事前に落としておく必要があります。そして隙間ができないように窓全体に気泡緩衝材で覆うように貼り付けます。とても簡単です。

冬場なら窓を開ける機会が少なくなると思いますので、この方法がおすすめです。
たまに換気をしたい場合は、窓全体に貼る際、下部だけ固定せず開けれるようにする、もしくは窓ガラスにプチプチ面を直接貼ることで対策できます。

このような方法を用いて、冷えない、結露もない快適な窓を作りましょう。