ガラス交換で窓の結露のお悩みを解消

相模原市南区の戸建て住宅にお住まいの女性のお客様より、ガラス交換依頼のご連絡をいただきました。

詳しくお話を聞くと、二階の子供部屋の窓ガラスの結露がひどく、雫が垂れて床までダメになりそうな状態とのこと。結露を抑えるガラスに交換したいということでした。

結露を押さえるには「断熱ペアガラス」が効果的だとお話したところ、お客様もお気にめしていただけました。
特殊なガラスなので、発注し後日施工となることもご了承いただきました。

サイズを確認するために電話の後、すぐにお客様宅に向かいます。

到着すると、お電話いただいた奥様と二人のお子様がお家にいらっしゃいました。
問題の窓を見せていただき、採寸し、正確な見積もりを出しました。
お客様から問題ないとの返答を頂きましたので、後日交換することになりました。

一週間後、断熱ペアガラスが届き、約束の時間にお伺いします。
お子様にも「危ないから近づかないでね」とお伝えし、作業を開始。

子供部屋のガラス2枚を取り外し、ペアガラスをセッティング。今回はアタッチメントで今までの窓枠に付けることができました。

作業後の清掃も終え、順調な作業で約1時間で作業を終えることができました。
お客様には迅速な対応を褒めていただきました。

ちなみに数日後、改めてお客様から、「結露が以前より減った」との報告もありました。本当に良かったです。

結露のお悩みには断熱ペアガラスがおすすめです。
ご依頼ありがとうございました。

窓の結露を抑えるガラスについてはこちら

会社1階の窓ガラスを防犯ガラスに交換

相模原市緑区で会社を経営されれているお客様から、会社1階の窓ガラスが割れてしまったので交換したいとのご相談を受けました。
とりあえず窓の状態を確認したいので、お客様の会社へと向かいました。

お客様の会社の窓ガラスを確認させていただくと、確かに1階の事務所の窓ガラスが中心から割れてしまっていました。
お客様に窓ガラスが割れた原因などについて心当りを確認しましたが、ガラスが割れた原因については、良く分からない、物を当てたりした事もないという事でした。

そこで、窓ガラスをよく確認するとガラス内部にワイヤーが入ったタイプの窓ガラスでしたので、熱割れが原因だと考えられました。

ワイヤーが入ったタイプの窓ガラスは丈夫そうに思われますが、意外に通常の窓よりも熱などに弱くて良く熱割れを起こしてしまいます。
今回もこれが原因だと思われました。

お客様に窓ガラスの割れた原因をお伝えしたところ、割れにくいガラスがいいし、会社の窓ガラスなのでより防犯性能が高いガラスを希望されました。

そこで、私の方からは防犯性の高い、セントラル硝子の防犯ガラス・ラミレックスBGをご提案させていただきました。
お見積もりにご納得いただけましたので、即日交換させていただきました。

ガラスにはCPマークもついていて、防犯性能が高い事も見た目にもわかるので、丈夫で安心な窓になりお客様も大変喜んでいただきました。

会社の窓ガラスを断熱ガラスに

相模原市中央区で会社を経営されているお客様から「一階の窓ガラスを断熱ガラスに替えたい」とのご相談を受けました。
お話を直接伺いに、お客様の会社へ早速お伺いさせていただきました。

お客様から事情をお伺いしたところ、会社1階は冬場にはとても寒くなってしまい、暖房をつけていても作業する事務員の健康にも支障が出るほどの状況とのこと。
窓ガラスを交換すると室内の温度も温かくすることが出来るという事を聞いたので、断熱性の高い窓ガラスに交換したいとご希望されていました。

会社の窓ガラスを確認してみると、確かに昔ながらの単板ガラスで、このガラスでは十分な断熱性能は残念ながら期待できません。

そこで、旭硝子のペアプラスという断熱ガラスをご提案させていただきました。
このガラスは、既存のサッシにアタッチメントを使用して、新しいガラスを取り付けることが出来るのでとても経済的です。
しかもガラスとガラスの間にアルゴンガスと呼ばれる断熱性能が高いガスも入っているので、通常の複層ガラスより更に断熱効果が高い窓ガラスです。

ガラスのトラブルは即日対応が通常なのですが、ご依頼の一階の窓が4つあり、その日は在庫が足りませんでしたので、ひとまず採寸をして後日取り換え作業をさせていただきました。
お客様はこれで温かい室内になると大変喜ばれていました。