ひびの入った窓ガラスの交換

相模原市南区の戸建て住宅にお住まいの男性のお客様よりガラス修理依頼のご連絡をいただきました。

詳しいお話を聞いてみると、「物をぶつけてしまい、台所の窓ガラスにヒビを入れてしまった。ガラスの交換をしたい。」ということでした。

台所の窓ガラスはどんなタイプのガラスなのかをお聞きすると、「曇っている感じ」ということで曇りガラスだと判断しました。
あとは大体の寸法をお聞きして、問題なさそうな大きさだったので、即日対応できるとお伝えしてすぐにお客様のもとへ向かいました。

20分ほどでお客様のお宅へ到着。台所を見せてもらうとかなりのヒビが入っていて今にも割れそうな感じでした。

すぐに正確な寸法から見積額をはじき出し、お客様から了承を得て作業に入りました。

まずはヒビの入ったガラスを窓枠から外して取り除き、弊社の用意した曇りガラスをぴったりサイズにカットして窓枠にはめ込みました。
その後、元の位置に取り付けを行い作業は無事終了しました。

お客様からは「ありがとう、またガラスのトラブルの時はよろしく」と言っていただきました。

ガラスの種類にもよりますが、ほとんどのガラス交換は即日対応できるのでお困りの際は弊社へ電話一本してください。

窓ガラスにヒビを入れてしまった時の応急処置法はこちら

冷暖房効果を上げるため断熱ガラスに交換

相模原市緑区の戸建て住宅にお住まいの男性のお客様より、ガラス交換依頼のご連絡をいただきました。
詳しいお話を聞くと、去年の夏と冬の冷暖房費が異常に高くて困ってしまったので今年は冷暖房をよく使う寝室とリビングのガラスを断熱ガラスに交換したいということでした。

どんなガラスがいいかわからないと仰られていたので、弊社でおすすめする耐熱ガラスをご提案し、ご了承いただけました。
窓は寝室に一箇所、リビングに三箇所あるとのことで、その日はガラスの在庫が足りなかったため、不足分を注文して後日交換することになりました。見積りをお伝えしてこの日は電話を切りました。

二日後、断熱ガラスが届いたのですぐにお客様のもとへ行き、作業内容をお話してから作業を開始しました。

寝室とリビングの窓ガラスをすべて取り外し、その後届いたばかりの断熱ガラスをカッティング、そして窓枠にはめ込んで再び寝室とリビングに設置しました。
作業はだいたい二時間ほどで終わりました。

後日お客様から「暖房をずっとつけていなくても室内が暖かく感じます。交換してよかったです。」とのお言葉を頂きました。

暖房をいくらつけても寒い、なかなか部屋が暖まらない、とお困りの際は、断熱ガラスの設置もご検討いただければと思います。
この度はご依頼ありがとうございました。

勝手口のガラス交換即日対応!

相模原市中央区の戸建て住宅にお住まいの女性のお客様より、ガラス修理依頼のご連絡がありました。

内容は「勝手口の戸についているガラスを割ってしまったので交換してほしい。」とのことでした。
ガラスの形状や大きさなどを聞いて、すぐに対応できることがわかったので弊社スタッフがすぐにお伺いしました。

お客様のご自宅に到着して勝手口を見せてもらうと、お客様がお話していたようにそれほど大きくない窓でガラスはすりガラスでした。

割れたガラスがないか、掃除を入念にした後で正確な寸法を測って最終見積額をお客様に提示。お客様から「これでお願いします」と了承いただき作業を始めました。

窓枠に残った微細なガラスもすべて綺麗にし、その後寸法通りに用意してきたすりガラスをカット。窓枠にはめ込んで作業は完了しました。

お客様からは「すごく早くて頼りになりますね」という我々にとって最大級の賛辞をいただきました。

今回のお客様は勝手口の戸についているガラスの交換でしたが、それ以外でも家の中のありとあらゆるガラスの交換に対応いたします。

もしもガラスが割れてしまうトラブルがあった場合は弊社へご連絡ください。迅速対応で問題解決いたします。ご依頼ありがとうございました。